中耳炎になって

牛窓前島シーサイドペンションアラパパの釣りおばちゃんです。

先月18日夜右耳の痛み、翌日右耳が聞こえない。

で初めての耳鼻科。

初めての耳鼻科の前の街路樹。 まだ緑。

病気らしい病気をした事の無い私には鼓膜切開します!の言葉にもハラハラドキドキ。

麻酔後切開。

水?吸引!ゴ、ゴー⁈

これで言われた様に普通なら二週間で完治!

の、筈が、、、

紅葉し始めた街路樹

水が増え2度目の切開。

耳は聞こえ難く自分の声も噛む音も右の頭の中に篭り不快感いっぱい…

片道1時間足らず、待ち時間2時間近く(涙)

お客様のある日は早く帰りたい!と焦りつつ。

それでも少しずつ水は減り様子見通院週2回。

いつのまにかひと月近く。 紅葉の盛りも過ぎた街路樹。

そして今日。

すっかり紅葉は終わり北風に散る街路樹。

余りに引かないあと少しの水。

悪いデキモノが有るかもとカメラを挿入検査。

悪い物の可能性、2万人1人と先生。

ハラハラドキドキ、、、

結果はセーフ!

機能が弱いだけなのでもう少しの様子見に^_^

パッ!と心が晴れた瞬間でした。

そして週2回の通院が1回に。

まだ違和感もある右耳だけど気長に治します。

5年間毎年クルーザーで立ち寄りお泊り頂いた灰谷先生の色紙。

余りに右耳の調子が悪かった時壁に飾ってあるこの言葉に救われました。

もし聞こえなくなったとしても…

それはそれで良い…

と。